トップへ
トップへ 総合サイト 眼のトラブル 目薬 眼のしくみ メガネとコンタクトレンズ 医院の案内へ
子供の眼 眼の文化 ? いろいろ トピックス

遠近法はルネサンス期に“開発”され、これにより絵画は劇的に変化しました。それまで“面”として描かれてきた対象物が、奥行きを獲得し、3次元時代に突入したわけです。遠近法の概要(基本)を紹介。

先生と生徒との対話形式で読みやすく、図も豊富。でも少々読み応えあり。有名な絵画についての解説ではその絵にリンクがはってあり、即参照できます。

 
 
 
古くは、「ものを見ているときは目から火を出している」といわれていた。時を経て、「ものを見るときは、目から光が出るのではなく、光が目に入るのだ」となった!
車を安全に運転するための第1は、外的状況・交通状況をとらえること、すなわち「見ること(認知)」がしっかりおこなわれること。これは網膜に映る視覚情報を取り入れることです。ところが、網膜に映った情報はそのまま自分の情報にはならない!?それは・・・・。
ものを見ているとき、目という受像システムが働きます。この情報は、水晶体というレンズを通して網膜に像が映るのです。ところが、・・・。
 
 
Copyright (C) 2002 大竹眼科医院 All rights Reserved.